editor de la fotografia

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

IMG_7927.jpg


IMG_7937.jpg


IMG_7947.jpg




ここで何人の命を救い

何人の死を見て来たのだろう?

君たちは生きているのかい?

それとも...。





にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/22(水) 10:32:05|
  2. ニッチツ鉱山、小倉沢小中学校
  3. | コメント:4
<< | ホーム | 丹岫>>

コメント

生と廃、アンビバレントが共存する独特な空気。
廃にいながら、そこで生まれた人たちの生を願うのは、生への執着なのでしょうか。
  1. 2010/09/24(金) 04:47:18 |
  2. URL |
  3. ぽちこ #-
  4. [ 編集 ]

病院…

人を救う場所なのに
どうしてこんなに重圧感があるんでしょうね…?

やっぱ
念が残る場所だからかな。。。
  1. 2010/09/27(月) 13:01:06 |
  2. URL |
  3. ウラデコ #-
  4. [ 編集 ]

ぽちこさん

生への執着。
若しくは、死への憐れみかも知れませんね。

でも、彼らは死して名を残しましたが。
  1. 2010/09/27(月) 13:32:00 |
  2. URL |
  3. 写真狂 #-
  4. [ 編集 ]

ウラデコさん

念と云うか、想いではないでしょうか?
此処に住み、此処で働いていた人たちの...。
  1. 2010/09/27(月) 13:33:05 |
  2. URL |
  3. 写真狂 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Un perfil

fotografia

Author:fotografia
写真と言葉、時々廃墟

Bushi0125をフォローしましょう

Articulo

Comentario

Categoria

Archivo

Eslabon

このブログをリンクに追加する

Aplicacion del amigo

この人とブロともになる

Cordon de QR

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。